髪 傷む原因

女性の髪が傷む原因まとめ

美髪

昔のように「髪は女性の命」と言われていた時代とは違いますが、現代社会においても女性の美しい髪は宝です。
ですが、どうしても

  • 何をしても髪がゴワゴワになっちゃう
  • キューティクルが傷んでしまう
  • 髪が途中で切れることが多い

 

など髪についての悩みは尽きません。
そこで「髪を傷める原因」についてまとめてみました。

 

意識してないうちにあなたも髪を傷める行動をしていないかチェックしてみてくださいね。

 

髪を傷める原因まとめ

静電気によるもの

意外に言われていない髪を傷める大きな原因が静電気。
髪が乾燥した状態でプラスチック製のヘアブラシなどで梳いてしまうと静電気で髪が傷んでしまうんです。
もしかして、「ブラシなんてどれも同じ」と髪に優しくないブラシを使っていませんか?
>>静電気で髪が傷む原因詳細へ

 

ストレスによるもの

職場でのストレスや家庭でのストレスなど、女性の方が男性よりもストレスをため込みやすいんです。
ストレスは髪に対しても大きなダメージを与える原因になります。
>>ストレスが与える髪へのダメージ詳細へ

 

シャンプー、ドライヤー

シャンプー、ドライヤーも適切な使い方をしないと髪を傷める原因になります。
正しいシャンプーとドライヤーの使い方をマスターしましょう。
>>シャンプーとドライヤーの髪への影響と正しいケア方法詳細へ

 

カラー、パーマ、コーミング

カラーやパーマ、コーミングは美容室で行えばダメージが少ないですが、自分で行うとなると大きな髪への負担になります。
カラーやパーマなどによる髪へのダメージについて知っておきましょう。
>>カラー、パーマなどによる髪へのダメージ詳細へ

 

お風呂後の髪のケアについて

お風呂に入った後の髪のケア、どうしてますか?
「乾かさないでそのまま」「少し湿った状態がいい」など色々な説がありますが、髪に優しいのはこの方法です。
>>お風呂後の髪のケアは湿ったままと乾かすのどっちがいい?の詳細へ

 

日光(紫外線)による髪ダメージ

紫外線は髪に大きなダメージを与えて傷めてしまいます。
日光(紫外線)と髪の傷みについてご説明します。
>>日光と髪の傷みについての詳細へ

 

大気汚染

大気汚染による髪の汚れは髪に着実にダメージを与えていきます。
個人でできることには限界がありますが、少しでも髪に対するダメージを軽減するようケアしましょう。
>>大気汚染による髪の傷みについての詳細

 

睡眠不足

夜更かしや不規則な生活リズムは髪に間接的なダメージを与えてしまいます。
現代社会ではなかなか難しいかも知れませんが、睡眠不足も髪を傷める原因になることを知っておきましょう。
>>睡眠不足と髪の傷みの関係詳細へ

 

たばこ

自分が直接吸う、吸っている人の近くにいる、どちららも髪を傷める原因です。
少しでも髪が傷まないように工夫しましょう。
>>たばこと髪の傷みについての詳細へ

 

このうち静電気によるヘアダメージの改善には当サイトで紹介している「メイソンピアソン」のヘアブラシがおすすめです。
>>メイソンピアソンのブラシ詳細へ


髪が傷む原因とその対応方法記事一覧

髪質が固い方必見!ヘアブラシを選ぶ3条件

髪質が固いとブラシで髪を梳くのも一苦労ですよね。プラスチックのブラシだと髪の固さに負けて髪の根元までブラシが届かず結果としてゴワゴワして、無駄にボリュームのある髪になってしまいます。しかも、プラスチック製のものだと静電気でバラバラになった挙句にあちこちに跳ねちゃうんですよね。さらに髪が長めだと、髪が...

≫続きを読む